ネガティブニューススクリーニング

Negative News Screening

ネガティブニューススクリーニング

反社会的勢⼒の該当性確認やマネーロンダリング対策において、複数の情報ソースから網羅的に不芳情報(ネガティブニュース)を確認することがますます重要となっています。
規制当局も、ネガティブニュースによって、取引先のリスク変化を監視することを求めています。
しかし、ネガティブニュースの確認は、関連のない記事の除外など負荷が⼤きく、また担当者個⼈のスキルによって調査の品質が左右されることもあり、実効性が伴わないケースがあります。

⽇経リスク&コンプライアンスは、⽇経テレコンと⾔語理解研究所が開発した⽂意解析技術、記事分類技術を組み合わせ、ノイズを抑制し、抜け漏れを防ぐ、効果的な国内ネガティブニューススクリーニングを実現します。
国内報道だけでなく、官公庁による⾏政処分情報、⾵評やグレー情報の確認に有効なウェブ情報も横断的に検索することで、取引先に潜むリスクを的確に検知することができます。

活用事例

  1. 反社会的勢⼒の該当性確認
  2. マネーロンダリング対策
  3. ⾵評(レピュテーション)管理

SOURCE

取引先に潜むリスクの検知に
必要な情報ソース

メディア情報

メディア情報

主要全国紙から⼀般紙、業界専⾨紙まで、50紙以上の媒体を網羅

公的リスト

公的リスト

官公庁・⾃治体による20以上の⾏政処分情報

Web情報

Web情報

メディア、公的リストでカバーされない⾵評やグレー情報

1万社以上のプラクティスを基にしたリスク定義と特定キーワードにより網羅的にリスクを検知

⽂意解析技術により関連度の⾼いリスク情報を特定

サービスやトライアルのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

フリーダイヤル: 0120-967-334 (平日9:30~17:30)